老化の原因には食べ物が関係してる?

老化の原因との一つには、食べ物も関係しています。
老化は、加齢によるものが一般的と考えられていますが、それだけではありません。
何故なら同じ年齢でも、人によっては見た目や内臓機能が全く異なる場合があります。
血管年齢や脳内年齢という言葉があるように、人によって加齢していく早さは違うということです。
では、老化の要因として加齢以外に、何が考えられるのかというと食べ物が大きく関わってくると考えられます。
何しろ体の細胞は、全て食べ物から出来てくるわけですから、これが老化の原因と無関係なわけがありません。

細胞の形成や機能に食べ物は深く関わっています。
最近では、サプリなどで老化の原因を考慮したものが登場しています。
老いというものをなくすことは出来ませんが、そのスピードを遅らせることは不可能ではありません。
もちろん、食事以外のものも関係してくることになりますが、食事はまずは大前提ということで考えるべきものです。
サプリに頼る前に食生活を見直し、まずはここから整えていくことが肝要です。

1a

老化を引き起こす原因物質とは?

老化を促進する原因物質は、活性酸素と言われています。
活性酸素とは、細胞が生きている限り発生する物質で、本来は体内に侵入したウイルスや細菌を攻撃して除去する効果があります。
しかし、これが紫外線などの影響で、悪性になってしまうと体内の細胞を攻撃し、酸化させてしまいます。
細胞は酸化することで本来の機能が低下しますが、これが老化のメカニズムです。
また、肌の老化も同様です。

肌細胞も活性酸素により老化することで、保水力や保湿力が低下し、外部刺激を受けやすい状態になります。
そのためシワやシミなどのエイジングサインが現れやすくなるのです。
このように老化の原因は体内の細胞が生成する活性酸素という物質です。
しかし、すべての活性酸素が原因というわけではありません。
本来の機能は我々の身体を守ることです。
そのためアンチエイジングをするなら、この悪性の活性酸素を除去することのできる抗酸化作用のある食品を摂取したり、配合されたスキンケアなどを使うと効果的です。
抗酸化作用が強い成分としては、ポリフェノールやアスタキサンチン、コエンザイムQ10などがあります。
これらを摂取することで体の中からアンチエイジングすることができます。

1b

呼吸が老化の原因?

人は呼吸を行い生命を維持しています。
その呼吸が老化の原因になってしまうのでしょうか。
人間の老化の要因の一つが活性酸素だといわれています。
活性酸素は、強い酸性を活かして殺菌などの役割を果たしていますが、同時に身体のあらゆる場所を酸化させてしまいます。
この酸化が肌の老化や病気に繋がる可能性もあります。
活性酸素は、呼吸により取り入れられた酸素が細胞中のミトコンドリアに吸収される際に発生します。
このようなことから、呼吸が老いの原因になると言われるのでしょう。

しかし、生きていくうえで呼吸は必要です。
老化の予防や進行を遅らせるには、発生した活性酸素を除去することが必要です。
抗酸化作用のある物を取り入れることで一定の効果が期待できます。
抗酸化作用の強い食べ物はバナナやキャベツ、かぼちゃ、にんにくやショウガなどの香味野菜が該当します。
また、ストレスを与えないのも効果的です。
人間はストレスを感じてしまうと活性酸素を多量に産生してしまいます。
余計な活性酸素を発生させない為にはストレスを回避することが重要です。

1c

老化にまつわること

イボが老化によってできることがあるということがあったりします。
このようなイボに対してはどのような対策をしていったら良いでしょうか?
そういうことについては、イボ情報がよくまとまっているページを見てみることを推奨します。

遠くに多いイボの悩みは、首のイボが多いです。
ここでは、いろいろな場所にできるイボのうち、首のものについての情報を集めたサイトを紹介します。
参考サイト「首イボはにがりで取れる?

イボについて詳しくお知りになりたい方はご参考にどうぞ。